四国八十八ヶ所の始まりを知り巡ってみよう

四国のお遍路さんをめぐろう

四国八十八箇所とは空海ゆかりの四国の88箇所の寺院の事をいい、めぐることで霊的なご利益を受けることが出来る事を、「四国巡礼」といいます。また、すべてを回るのには多くの時間をかけることから、最近ではタクシーツアー等が組まれることもあります。

お遍路さんを周る方法を比較してみよう

時間をかけ自然を味わい歩いて参拝する方法

四国八十八箇所をめぐることを「遍路」と呼び、参拝する人のことを「お遍路さん」と呼びます。四国八十八箇所の距離はすべてを合わせると1100から1400kmもあるとされています。そのため、徒歩で回ると人によって変動はありますが、40日以上はかかってしまいます。しかし、歩くことで空海と同じ道をたどることが出来ることから今も徒歩で巡る人は多くいます。

タクシーや観光ツアーなどを利用して参拝する方法

徒歩で参拝したいけれど、どうしても長期の時間を取ることの出来ない人や、歩いて周ることが難しい人の為に、観光ツアーやタクシーツアーも多く組まれています。ツアーの団体などによって異なりますが、8日から11日ほどで周ることができます。しかし、自動車の利用だと打戻などの来た道を戻ったりすることもあるため、徒歩よりも長距離になってしまうことがあります。

四国八十八ヶ所の始まりを知り巡ってみよう

お遍路

四国八十八ヶ所参拝の魅力

四国八十八ヶ所をめぐることで、多くの自然に触れ合うことができます。その自然に触れることで日頃のストレスを癒やしたり、自分を見つめるために遍路を行います。たくさんの時間をかけて、多くを見て回り、自分の中にある悪い気を払いのけることや、神仏に触れることで神秘的な気持ちになるのも魅力です。

四国のしきたりを守ろう

四国参拝を行っている時に、お遍路さんにはきちんと守らなければならないルールがあります。1つは宿で休む時はまず金剛杖を洗うことです、金剛杖は弘法大師の化身とされているので、キレイにしましょう。もう1つは橋の上では杖をついてはいけないということです。弘法大師が橋の下で苦労をされたことから、お遍路さんは橋の上では杖をついてはいけないとされるようになりました。

どうしてお遍路さんと呼んでいるの

そもそもお遍路とは弘法大師の足取りを辿り、88箇所の霊場を参拝するお坊さんたちの事を指しています。それを見ていた平民や農民がお願い事をするために、同じように参拝するようになったことからお遍路さんと親しまれるようになりました。

四国八十八ヶ所めぐりは何事も楽しんでこそ

昔は弘法大師やその弟子が修行のために巡ったのが四国八十八ヶ所の始まりとされていますが、現在では悩みや願いを叶えるためのお祈りとして巡られるようになりました。確かに今でも修行のために巡られている人もいますが、せっかく自然に囲まれ、歴史を感じることが出来るのですから、存分に楽しんでみましょう。

広告募集中